ミュージシャンの生活

昔のブログで書いたんですが、バイオリンは私の鏡の様なもので、サボると音に浮き彫りに出てきます。
無情です。
もっとサボると、自分が弾けてるか弾けてないかもわからなくなります。
そして終着点は、自分のことは棚に上げて人の批評をし始めたら墓を掘るしかないでしょう。

じゃあ、暇さえあれば練習(攫う–さらう−といいます)するのがいいのか?と言うとそんな訳ない。若い頃ならまだしもそんなことしてたら腱鞘炎になってしまう。自分のコンディションを把握した上で、いかに手を壊さずに音楽を作っていくか考えなければ、弾ける前にミュージシャンライフが終わってしまう😭 攫い過ぎて出来てたものを壊してしまい、メンタルブロックに陥ることもあります。それを回避するには疲労困憊をさけ、目標イメージが必ず頭にある事が大切だと思います。だから、楽器から離れる勇気も必要(無茶に攫わない勇気)です。目標イメージが分からなくなったら、音楽からいったん離れて、気分転換をします。余談ですが、スランプ状態で、もがき喘いでいる時に私を救ってくれたのが山登りでした。アメリカ人の友が無理やり私を連れ出し、文句たらたら言いながら山に登りました。音楽と山登りなんて全く関係もないし、攫う時間がなくなるから勿体ないと頭で思ってました。…結果、山登りを8年ほど続けてました。登る間、決して音楽を聴かず自然の音に耳を傾け、季節ごとに変わる植物を楽しんでいました。2,000段ほどある階段を上り下りする時に音楽の構成がまとまったり、自分がやりたい事が見えてくるんですよね。一見全く関係のない事でもやってみないと分からないものですね。スランプに陥ったら、一旦そこから離れて、その曲は置いて、ほかのものを弾いてみる。それで気持ちが落ち着いた頃に例の曲に戻ると、出来てる😍!!ってことも有りますから。

本題に戻りますが、音楽を作る上でそれを温めなければいけない時間というものがあります。それは決して楽器を弾いてる時間だけではないんです。付け焼き刃で演奏しなければならないこともプロだからあります。でもそれだけやっているときっと壊れてしまうんです。

私のスケジュールを見て暇でいいなあと言う人もいます。(とても忙しい人たちなんですが😅)ミュージシャンは本番で自分が作り上げた作品を伝えなければいけないんです。だから、山の景色を見たり、人とお話ししたり、本を読んだりと栄養を体に取り入れて、音楽を温める時間が大切なんです。いつも切羽詰まってたら良いもの出来ません。ヒラリーハンが1年間のサバティカルに入ったのもようく分かります。かといって、バイオリンをひかない訳じゃないでしょう。頭と心の休養、充足が必要なんです。…それは他のお仕事の人でも一緒だと思うんですよね。切羽詰まった時に焦って追い込んでもいいアイディア出にくいです。自分に合った気分転換を探すのが近道の様な気がします。

ミュージシャンのライフに終わりはないです。いつも音楽と共存してます。ただ音楽に関わってるだけが上達への道ではないんですよね。

*昨晩、友人が小さなお茶碗一杯16,000円もする素晴らしいプーアール茶をご馳走してくれました。茶の道も深いです。心温まりました。

Hong Kong Phil’s season opening concert

 

香港フィルのシーズンオープニングコンサートを9月6日、7日に終えました。

曲目は

ワーグナー:ニュルンベルクのマイスタージンガー前奏曲

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番   ピアノ/ Seong-Jin Cho

 

プロコフィエフ:ロミオとジュリエットからの抜粋

指揮は音楽監督の Jaap van Zweden

と言う私にとっては聞き応え十分なプログラム。

香港では今いろんなことが起きていて大変なところもあります。例えば私の家は空港の側です。コンサート当日うちの近くの地下鉄が普通に動かないかも??と心配されてました。しかし、オープニングのコンサートは何としても弾きたい‼️ なので3時間半前には家を出て(普通は1時間30分前で十分)コンサートホールまで行きました。途中何の支障もありませんでした(ホッ)。オーケストラのメンバーの大半がきっとこの様な思いでコンサート会場まで行った事は間違いないでしょう。

メンバーはリハーサルの時からいつもより更に力が入っていました。勝手に解釈してる私ですが、色んなことが起きて経験しているからこそ

“私たちの香港フィルを大事にしたい”

と気持が高まります。

マイスタージンガーの力強さ、プロコフィエフの場面ごとのキャラクターが香港フィル独自の音で光ってた様に思います。

ラフマニノフのピアノ協奏曲2番は多くの人に愛される曲。あの曲が頭に浮かんでくるラフマニノフってどういう方だったのか?といつも弾きながら考えます。今回はオーケストラのダイナミックな演奏はピアニストに劣ってなかったと思います。

金曜日はほぼ満席、土曜日も沢山の方々が聴きに来てくださり、きっと屋外で起こってる事を忘れる様な2時間を過ごせたのではないかと確信しています。

音楽の素晴らしい所って、やはり

“音楽に国境も言葉の壁もなく、一つの作品をみなさんと一緒に共有できる所”

だと思っています。

MTTの主催するコンサートで長年お伝えしている事なのですが、“音楽のパワー”を今こそ感じる時なのではないでしょうか?

23年くらいこのオーケストラに居ますが、この2日のコンサートに参加できた事、と幸せでした。

香港フィルはこれからもっともっと魅力的に変わり得るオーケストラだと思います。これからも引き続き応援よろしくお願いします。

 

 

他人の意見

今度の日曜日にチゴイネルワイゼンを久々に弾く。
で、いろいろ調べてたらいろんな記事が出て来て脱線してしまった。
チゴイネルワイゼンの難易度は?と言う質問にいろんな人がいろんな答えを出す。

‘’難しい重音が出てこないからそんなに難しくない‘’
と言う人もいれば
‘’左手ピチカートが入ってたりして超絶技巧だ‘’
と言う人もいる。
びっくりしたのは
‘’弾くだけなら子供でも弾ける曲‘’ 😆

答える人に何の責任もないから、言いたいことを言うに決まっている。
これを読んだ質問者がどう取るのかも自由。

え?私の意見?
日曜日の後にアンサー出します。

でも、他人の意見もあてにはならないから、とりあえず自分で弾いてみて決めるのがいいと思うなあ。

人の意見にばっかり振り回されてたら、バイオリニストは出来ないし、心臓いくつあっても足りませんよ☝🏻

Candlelight Spring Recital 9 May 2019 19:30

Program

Violin Sonata no.5 “Spring” by Beethoven

Vivaldi Four Seasons “Spring”

Musicians

Violin: Tomoko Tankaa

Violin: Katrina Rafferty

Viola Kaori Wilson

Cello Yichun Chen

Piano: Ogura Manabu

 

Venue & Time

Hong Kong Country Club

188 Wong Chuk Hang, Deep Water Bay

Time

9 May 2019

19:00 – Door Open

19:30 – Concert

20:30 – Cocktail Reception

Ticket

Candlelight Spring Concert 9 May 2019 19:30 - Hong Kong Country Club

  • Price: HK$480.00 Quantity:
  • HK$0.00
  • This page is unsecured. Do not enter a real credit card number! Use this field only for testing purposes.
    American Express
    Discover
    MasterCard
    Visa
    JCB
    Maestro
     

Essence of Love

今日はバレンタインデーですね。日本ではチョコを女性から男性に贈り、想いを届けるという文化が出来てます。人によっては“商業的だ“という人も居ますが私は女の子たちがウキウキしながらチョコの話をしてドキドキしながらそのチョコ渡すという光景を見るのは嫌じゃないですね。笑。何の感情もわかない無気力な人、なんでも面倒くさいという人よりポジティブでいい!結果?!相手の反応がどうであれ、それを受け止めるパワーがあるのもいい。”義理チョコ“でも悪くない。最近職場のあの人と疎遠だなあって気にかかっていた時にチョコあげて会話をするっていうのもありだと思います。少なくともその人と良い関係を作りたいからそういう行動に出るわけで。
大切な人はいつもそこにいるわけじゃないから、伝える機会があるのなら、感謝の気持ちを色んな形で伝えるのは大切な事ですよ。
大切な人が亡くなって私自身すっごくそう思います。
音楽と一緒。愛情を疑わずに注ぎ込むと、そこにしか存在しないハーモニーが生まれます。どれだけの時間ついやしたかって言うのも大事かもしれない。でも愛情を注ぎ込まないと良いものは生まれないです。
自分の心の中の気持ちをこの機会に見つめてみるのもありですね。

大切な人が愛情注いで育ててくれた植物

2019年の目標

皆さま

新年明けましておめでとうございます。🌅

年末から咳が止まらず大変な事になってますが、気を引き締めて今年の目標を。

書き初め


去年を振り返って思った事。体調が悪い時、切羽詰まった時にパニックになり余裕がなくなる。あとで考えると、パニックになるくらい大変な事ではないのに余裕がなくなるのは未熟さゆえ。😣

何事にも広い視野で事を判断し、周りの状況も把握できる大きな器を目指します。何でもかんでも受け入れるわけではない。大切な事は後々大変になるよりは判断次第では伝えなければいけない。言わない方が楽なのは当たり前。でも大切なことは伝え、そこに波紋が起こってもそれを寛大に受け入れ、対処していける器、私に非があると理解したら、それを認め改める器を目指します。非常に難しいし、すぐに手に入るものでは無いのは覚悟!始めないと始まらないから。

皆さま今年もどうぞよろしくお願いいたします。

田中知子


MTT in 2018

ヴァイオリンの田中です。

2018年の目標は 爆走 でした。12月9日のホノルルマラソンにも出る気満々だったのに、気づいたら 爆奏に変わっていました。笑

今年もたくさんの本番を踏ませていただきました。

その中で当たり前だけど大切な事に気付きました。

失敗を考えず120パーセント自分が信じる音楽を表現する事に集中すること

今までは、チケットを購入してお時間を割いてきてくださる方々のため、安定した音楽をお届けすることばかりに気を取られていました。練習の時も、本番で行き詰まった時のプランA、プランBに集中していた様な気がします。それで感動が伝わるはずがない。

練習の段階で守りに入らず常に自己ベストで挑戦し続ける。本番も怖がらずベストの音楽を目指す。…結果が必ず良いとは限らないけれど、結果が出た時の感動は格段の差がある事を痛感しております。

ここまで来るのにすごく時間がかかる私で有りますが、温かく応援してくださる皆様にこの場を借りて心からお礼申し上げます。皆様のご支援があるから大切なことも学べます。

本当にありがとうございました。

今年の締めのクリスマスコンサートはアレルギーの咳をしながらのコンサートになってしまいました。来年は体の中から鍛え直し、精進して行くつもりです。

色々やらかす私では有りますが、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

どうぞ良いお年をお迎えください。

田中知子

本番に必要不可欠な事

今月は心身共に大変な月だった。普段のオーケストラのリハーサルと本番に加え、プライベートのソロパフォーマンスが2つ重なった。この貴重な経験から学んだことを書き残しておきたい。

1:練習には十分な時間をとり、体に異常を感じたら練習を直ぐに止めること。

去年もこういう事があった。怖いもの知らずの私は短期間で全曲を仕上げようとして手を壊した。👎 結果、手をかばって演奏するのとそれから来る緊張が重なり結果は散々であった。😭

なので今回はかなり早い時期から練習を始め、手に不快感があったら必ず練習をストップして手が回復してから練習を再開する方法をとった。効果は大だった。練習に時間をかけることによって自分の中にある音楽が成熟するし、それを表現する手や身体が健康であればより良い効果をはっき事は言わなくてもお分かりだろう。

2;同じ時間、同じ場所でばかり練習しない

パフォーマンスの時は、音響が、客が、気温がと文句を言ってられない。与えられた環境の中でベストを尽くさなければならない。だから練習時間帯も練習場所も出来る限り違う環境で練習することをオススメする。寝起きのボーっとしてる時に難しいパッセージを弾いてみるとか。響かないところでわざと弾いてみるとか。そうだ、通しの練習の時にワザと赤ちゃんを野放しにしてもらった。(笑)そうすると、たくましくなる!!少々のことでは動じなくなる。

3:練習の時にも120パーセントの結果を出す様に努めて練習する。

小心者の私は、いっつも緊張した時のプランA、B、Cみたいな非常対策のための練習ばかりしてきた。それが今頃最悪だったということに気づいた。いつも最高の出来を出す様に練習しないと、本番120パーセント出せるはずがない。こんな事に今頃気づくなんて😢 今回は音楽とイメージだけに集中してその他のことをいっさいかんがえずに演奏にのぞんだ。結果、予想以上の効果があった。自分の恐怖を取り去り最善の音楽の表現に集中する練習ほど、効果の出るものはない。

チベット砂ギツネ

コンサートなんかで観客が気になったら、観客はこの何とも無気力な表情をしていて、何を考えているのか分からないこのキツネだと思えと書いてあった。分からなくて当然だよねって思えてくるらしい(笑)