オペラ歌手

今ワーグナーのオペラ、ワルキューレの公演中なので、今日もやっぱり歌に関わるお話。

私は大学の時にヴァイオリン専攻だったのに、大学内で楽器を持って歩いてても、良く声楽家の人と間違えられた。それもソプラノ。今でもオペラシンガーの友達とお話すると、

’’ソプラノキャラ’’

とか言われてしまう。人によっては、良く笑うからとか言われるけど、どうしてそう見られるのかは、自分でも???

大学の時に声楽の授業を週一で取らなければいけなかった。最初は面倒だなーと思いながらレッスンに足を運んだ。が、ハマってしまった!というのはまさにこの事。

歌ってて、気持ちがいい。

その時、会社疲れのおじ様達がカラオケに行く気分が良くわかった。日本では思った事をそのまま言葉にするといつの間にか孤立してしまうくらいヒンシュクを買う。言いたい事も言えず、毎日の日課をこなすのも至難の技。

その時に出会ったのが、歌。

歌の中の役に成りきって、普通では言えない様な恥ずかしい事を、感情を込めて思いっきり歌う。体全体で呼吸して心を込めて歌うという事がどんなに私の人生の中で大切だった事か!

真剣にヴァイオリンと声楽のダブルメジャーで行きたいとまで考えた。でも、バイオリンを弾いてる時だって、やはり同じように歌っているから、あまり変わらない。この歌のレッスンがとてもわたしの音楽を深いものにしてくれた事は間違いない。

いま、日本や、韓国のドラマが大人気の時代。当時はテレビもブルーレイも何もない。昔の人たちにとってオペラが今の映画やドラマだったと思うと、オペラがより身近に感じられる。でもストーリーの濃さは今のドラマの10倍以上。今のお茶漬けサラサラな軽いストーリーでは無い。

こういう気持ちを歌に込めると自分の人生も10倍は楽しくなる。

皆さんも歌始めてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です